04月222020年

折り上げ天井にシーリングファンライトを設置する場合の注意点

今日は折り上げ天井にシーリングファンを設置する場合の注意点について少し書いていきたいと思います。

折り上げ天井にシーリングファンライト

折り上げ天井とは?
天井の中央部分を周囲より一段高くした天井のことで、一般的にリビングなどに用いられ解放感を演出できるのでお部屋を広く見せることができます。

一段高くなっていていますので、通常の照明より高さがあるシーリングファンライトを設置するにはもってこいの天井!と思ってしまいますが、設置の方法によってはシーリングファンの気持ちいい効果が得られなくなってしまいますので注意が必要です。

 

折り上げ天井用のシーリングファンを選ぶ場合は、必ずシーリングファン直径と折り上げ天井の大きさを確認してください!

「折り上げ天井がシーリングファンより小さい場合」、天井の縁に羽根があたってしまったり近づきすぎで風量が落ちたりします。

その場合は、一般的な天井高であっても羽根を天井から離すため、少しパイプで吊り下げたシーリングファンを選ぶ必要がでてきます。

こんな感じの商品です。
LED 調光 電球色 6灯 軽量 オーデリック製シーリングファンライト【OMB029】

 

「折り上げ天井がシーリングファンより大きい場合」どのくらい大きいかにもよりますが、もし設置した場合に羽根の先端から40cm~50cmくらい天井の縁までスペースが取れそうな場合は通常選ぶシーリングファンの選択で問題ございません。

ただ、もし、40cm以下になってしまう場合は風量が減衰してしまう可能性がございますので注意が必要です。

折り上げ天井の方がシーリングファンライトより50cm以上大きい例

十分なスペースが取れれば、こんな感じの商品もおしゃれです。
LED 調光 電球色 6灯 薄型 オーデリック製シーリングファンライト【OFE024】

 

当店への問い合わせでも、折り上げ天井に設置しているが、まったく風を感じないという悩みのご相談が時々あります。

その場合、LINEやメールなどでお写真を頂いて確認するのですが、大体シーリングファン選びが間違っています。

そんな時は少しもったいないですが、既存のシーリングファンは別のお部屋に設置し直し、折り上げ天井にはしっかりと羽根と縁にスペースが取れる商品を提案し変更していただくようアドバイスします。

 

インテリアとしてだけ楽しむだけなら、物理的に設置できるものであれば問題ないのですが、専門店としてせっかくシーリングファンを導入するなら、その気持ちいい風もお客様に届けたいと思っています。

シーリングファンを回しているだけで、窓を開けなくてもお部屋全体の風がゆっくりと回っている感覚を得られるので、リフレッシュできます。

 

失敗しないシーリングファン選びをモットーに、どんな場所へのシーリングファン設置も専門のスタッフがしっかりアドバイスいたしますので、電話やLINE、メールでもお気軽にご相談ください。

シーリングファンはオーデリックやパナソニックなどの大手メーカーの商品だと10年~15年くらいはご使用いただけるように設計されております。

長く付き合う商品ですので、無料ですので是非一度お問合せください。

シーリングファン専門店ファズー 店長 小俣

シーリングファンの事ならどんなことでも
お気軽にご相談ください!
電話:0466-47-9490 メール:shop@fazoo.biz fazooLINE@アカウントQRコード

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る

This entry was posted in 取付工事の紹介, 普通の天井高 and tagged , . Bookmark the permalink.

カウント上位記事