03月272018年

藤沢市 戸建て 傾斜天井 シーリングファン 取付工事

今週末は桜が満開になり、お花見シーズンですね。

お引越しシーズンもあるせいか、おかげさまで今週末は工事がたくさん入っております。

もう半袖でも過ごせるんじゃないかと思うくらい暖かい時間もありますが、そんな半袖スタイルが似合いそうなご自宅のご紹介をさせていただきます。

 

・床から取り付け位置までの高さ:約3180mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2708mm
・吹抜の広さ:約10帖
・取り付けフロア:2階 リビング
・ローゼットの形:丸形フル引掛シーリング
・取り付け商品:オーデリック製 3枚羽根 黒色 シーリングファン
・ファンの幅:915mm
・ファンの全高:472mm
・延長パイプ:300mm
・ファンの重さ:約4.4kg

 

IMG_0658

IMG_0657

今回は30cmの延長パイプで27度の傾斜天井に設置しておりますが、この設置方法はメーカー推奨外となります。

 

また1500件以上の工事経験から当店独自の判断基準もあり、その基準でも少し羽根から壁までの距離が近くなってしまうのですが、好みのデザインや羽根の大きさでお客様は他に選択するものがない状況でした。

 

羽根と壁が近くなることで効率よくサーキュレーション効果を得られない場合もございますが、傾斜天井の下側が近いだけでその他の空間は十分にあったため、効果は十分に得られておりました。

 

IMG_0661

 

サーフボードとナチュラルウッドの梁との相性がとても素敵です。

最近西海岸風なインテリアの人気も高くなっておりますが、オリンピックでサーフィンが種目決まったことも人気の理由なのではないでしょうか。

 

今回の設置場所は傾斜角度と梁の都合上、直径915mmの小型タイプとなりましたが、直径1220mmのもうワンサイズ大きなタイプもございます。

 

なかなか黒色で一色のファンは少ないので、黒(ブラック)のシーリングファンをお探しの方にはとても定評があります!

 

IMG_0669

 

海の気配を感じながらリラックスして過ごせる空間になったのではないかと思います。

 

天井のお写真を見てお気づきになった方もいるかもしれませんが、写真では天井に照明がありません。

実は本日この梁にダクトレールを取り付ける工事もご依頼を頂いており、そちらにスポットライトを設置する予定です。

 

完成形のお写真は近日中にアップしたいと思います!

 

スタッフ 斉藤 功一

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る

This entry was posted in 取付工事の紹介, 吹き抜け・斜め天井 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

人気記事カウント順

高頻度キーワード

最新記事画像


11月14日


11月02日


10月26日


10月22日