04月132018年

世田谷区 海外 輸入 シーリングファンライト Minka Aire Light Wave F844-WH 取り付け工事

本日はリビングと寝室の2台取り付けの設置事例をご紹介したいと思います。

 


戸建てなのですが、コンクリート打ちっぱなしのご自宅でしたので、
木造の戸建てとはわけが違い、工事も少し大掛かりなものになりました!

 


【リビング】
・床から取り付け位置までの高さ:2900mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2367mm
・部屋の広さ:LDK20帖程度
・取り付けフロア:戸建て
・ローゼットの形:引掛埋込ローゼット
・取り付け商品:Minka Aire Light Wave F844-WH ホワイト色 ※リンク先は色違い(コア色)の商品です
・ファンの幅:1320mm
・ファンの全高:533mm
・延長パイプ(ダウンロッド):1ftパイプ(約30cm)
・ファンの重さ:6.4kg

【寝室】
・床から取り付け位置までの高さ:2400mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2155mm
・部屋の広さ:8帖程度
・ローゼットの形:引掛埋込ローゼット
・取り付け商品:コイズミ製 4枚羽根 白色 シーリングファン
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:245mm
・延長パイプ:なし
・ファンの重さ:5.2kg

 

 

先ずリビングから。

IMG_0860

元々は写真のように1灯タイプのペンダントライトが付いておりましたが

 

IMG_0874

IMG_0873

IMG_0866

こんな感じになりました!家具の色とも合っており、ガラッと雰囲気が変わりました。コンクリートの無機質感が漂う中に優しい光と風が産まれました!

 

 

次は寝室です。

IMG_0839

こちらには元々照明をつけるための配線器具がありません!

 

 

そのため、近くのダウンライトから電気配線を分岐し、シーリングファン用の配線器具を作成します。

IMG_0840

IMG_0842

IMG_0845

 

 

新たに電気配線を引くとかなり費用もかかってしまうので、状況によっては近くのダウンライトから電気を確保するという方法も良いかと思います。

 

IMG_0851

 

IMG_0847

IMG_0850

 

コンクリートの建物ですので夏は涼しいほうかと思いますが、シーリングファンを付けたことでさらに心地よい風を得られ、冷房を使用する頻度はかなり減るのではないでしょうか。

 

 

お客様も暑い時期が楽しみですと仰っておりました。

 

 

暑い時期が来る前に設置ができて良かったです!

 

 

スタッフ:斉藤功一

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る

This entry was posted in 取付工事の紹介, 普通の天井高, 吹き抜け・斜め天井 and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

人気記事カウント順

高頻度キーワード

最新記事画像


10月12日


10月05日


10月01日


09月21日