05月182018年

横浜市 戸建て ロフト付き シーリングファンライト取付工事

町中を半袖で歩く人も多く見かけるようになりました。

もう夏らしい厚さになってきましたね。

 

 

シーリングファンも下向きで直接風を感じるのが心地よい季節ではないでしょうか!

 

 

本日は暑い夏でも見るだけで涼しく感じそうな、ナチュラルウッド調のシーリングファンの設置事例をご紹介させていただきます。

 

・床から取り付け位置までの高さ:約3700mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2824mm
・取り付けフロア:2階リビング
・配線器具の形:丸形フル引掛けシーリング
・取り付け商品:オーデリック製 調光調色 5枚羽根 シーリングファン
・ファンの幅:1224mm
・ファンの全高:876mm
・ファンの重さ:約8.6kg

 

IMG_1268 IMG_1269IMG_1271

IMG_1264

 

夏の暑い時期は2階のロフト部分がかなり厚くなりそうですね。

エアコンもちょうどロフトの床の真下にありますので熱がこもりそうですが、そんな時は風を上向きにして、冷たい空気を上部にもっていくという使い方も良いかと思います。

ただロフトには長時間いることはあまりないかもしれませんので、基本的に夏は風を下向きにして、風を直接感じられたほうが心地よいです。

 

IMG_1267

 

また今回ロフトの下にライティングダクトレールが付いておりました。

 

見ての通り照明は付けられていなかったのですが、例えばお部屋の明るさはライティングダクトレール+スポットライトで確保して、シーリングファンに照明を付けないという方法もございます。

 

ライティングレールは後から簡単に照明を追加したりできるので、とても便利ですよね!

 

 

A12800_C02K

※オーデリック製スポットライトの設置イメージ画像

 

まだ建築途中の方は検討してみては如何でしょうか。

 

スタッフ:斉藤功一

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る

This entry was posted in 取付工事の紹介, 吹き抜け・斜め天井, おすすめシーリングファン and tagged , , , . Bookmark the permalink.

人気記事カウント順

高頻度キーワード

最新記事画像


11月14日


11月02日


10月26日


10月22日