09月142018年

千葉県印西市 吹き抜け天井 シーリングファン 取り付け 宅内配線工事

最近は気温が20°前半となり藤沢でも半袖だと肌寒く感じてきました!

 

 

そろそろ冬に向けて衣替えですね。

 

 

今日は当店から少し距離がありますが、千葉県でのシーリングファン取り付け工事のご紹介をさせていただきます。

 

 

・床から取り付け位置までの高さ:約5300mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:4183mm
・部屋の広さ:6帖程度
・取り付けフロア:1階から2階までの吹き抜け天井
・配線器具の形:無し 新規 宅内配線
・取り付け商品:オーデリック DCモーター 6枚羽根 ホワイト
・ファンの幅:1200mm
・ファンの全高:1117mm
・延長パイプ:900mm
・ファンの重さ:5.2kg

 

 

おかげさまで宅内配線工事のノウハウが溜まってきております!

 

IMG_2661

 

先ずはシーリングファンの取り付け金具を固定する天井の下地の位置を下地チェッカーで探します。

 

 

下地探し・チェッカー どこ太はこちら

 

 

シーリングファンの設置位置が決まったら、点検口から天井裏を確認して電気配線を伸ばしていきます。

 

 

IMG_2665 IMG_2664 IMG_2676

 

点検口はクローゼット内にあることが多いです。

 

 

IMG_2669

IMG_2671

 

こんな感じでシーリングファンの取り付け準備は完了です!

もちろん壁にはシーリングファン用のスイッチも増設しております。

 

 

IMG_2673

IMG_2678

 

 

そして取り付け後はこんなにおしゃれな空間になりました!

 

 

IMG_2682 IMG_2686 IMG_2679

 

 

これからは冬の寒い時期になるので回転方向を変えられる方が多くなるのではないでしょうか。

 

 

下記の店長ブログでも紹介しておりますが、冬場の回転方向は上向きがおすすめです。

 

 

冬場と夏場のシーリングファンの回転方向(風向き)について

 

 

ただ吹き抜け天井で羽根から床までの距離が離れている場合は、下向きの弱回転などで回して、暖かい空気を上部から押し戻すような使い方も良いかと思います。

 

 

寒い時期にも活躍してくれるシーリングファン、是非ご検討下さいませ!

 

 

スタッフ:斉藤功一

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る

This entry was posted in 取付工事の紹介, 吹き抜け・斜め天井, 2階分のフル吹き抜け, シーリングファンの効果 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

人気記事カウント順

高頻度キーワード

最新記事画像


09月14日


09月08日


08月31日


08月24日