09月202019年

藤沢市鵠沼神明 戸建て 普通天井 オーデリック製シーリングファン 取付工事

こんにちは、竹之内です。

秋らしい日々が続いていますね。
私は朝が強いほうですので、朝の5時には目が覚めてしまいます。
この時期は朝はとても涼しいので、休日はマラソンをスタートしました。

まぁ体が重くてしょうがないです。
ですが、リフレッシュできるので、意外と継続できそうです。

雨が続かなければ….


さて、今日はオーデリック製シーリングファンの設置事例をご紹介したいと思います。

・床から取り付け位置までの高さ:5200mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:4143mm
・取り付けフロア:1階 リビング
・配線器具の形:丸型フル引掛けシーリング
・取り付け商品:オーデリック製シーリングファン【OJC007】
・ファンの幅:800mm
・ファンの全高:1057mm
・ファンの重さ:6,3Kg

設置後の写真です。

WF407 + WF359 傾斜対応 小型 軽量 ODELIC(オーデリック)製シーリングファン


WF407 + WF359 傾斜対応 小型 軽量 ODELIC(オーデリック)製シーリングファン

当店のサイトを見て頂いてるお客様は、壁から羽の先端までの
距離が狭くないですか?と思うかもしれません。

メーカーの推進ですと、
風量の減衰や揺れの原因となりますので、羽根の先端から
一番近くの壁との距離はある程度空けて設置します。

メーカーや製品によってその規定は異なりますが、
平均的に40cm~50cm程度空けることが推奨されています。

point04_img01

今回設置場所の幅が1220mmでしたので、
シーリングファンを設置しますと、
羽の先端から壁まで、210mmになります。

メーカー水準より狭くなりますが、問題なくシーリングファンの風を感じる事ができております。
又、常に下向き運転を行うことで、サーキュレーター効果が上がります。

お客様も設置できるか不安との事でしたので、とても満足して頂きました。

設置についてのご不安やわからない点は、経験と知識が豊富なfazooスタッフがすっきり解決いたします!

 

シーリングファンの事ならどんなことでも
お気軽にご相談ください!

電話:0466-47-9490 メール:shop@fazoo.biz fazooLINE@アカウントQRコード

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る

This entry was posted in 取付工事の紹介 and tagged , , . Bookmark the permalink.

カウント上位記事