05月232013年

江戸川区 戸建て リビング 吹き抜け シーリングファンライト取り付け

今回は江戸川区の春江町でのシーリングファン取付工事の紹介です。

IMG_6481

木目の羽根とバランスのとれたデザインがかっこいいですね。


このお宅の傾斜天井は4mくらいあり、8尺(240cm)の脚立でぎりぎり工事ができる高さでした。

当店が伺わせていただくお宅は、大体2階にリビングがあり、屋根の傾斜がそのまま天井になっているようなデザインが多く、今回のお宅もそのようなデザインになっていました。

ほとんどの傾斜天井は32度(6寸)以下につくられており、国内メーカーのシーリングファンで延長パイプが取り付け可能なものであれば、問題なく設置可能です。

後は天井の高さに合わせてパイプの長さを選べばOKです。

この工事では90cmのパイプで延長したシーリングファンを取り付けました。

IMG_6480

こちらが取り付け後の写真です。

照明のシェードの一番下が床から280cmくらいの位置に来ますので、照度も確保できちょうどよい位置になったのではないかと思います。

ちなみにこの商品は、傾斜天井向けの中では3番目に人気のあるシリーズになります。

オーデリック製ACモーターLEDシーリングファンライト

羽根はダークブラウン色とこのナチュラル色、ホワイトの3種類あります。

お部屋の家具や床の色などと羽根の色を合わせると、部屋になじみ易いのでお勧めです!

今回もマッチしていますよね。

当店は、商品選びから一般家庭やオフィス・店舗工事までシーリングファンのことなら何でもご相談に乗ります。

「シーリングファンは初めてだからまったくわからない。。」という方も、お気軽にご相談いただければ明るいスタッフが丁寧に対応させて頂きますので、どしどしお問い合わせください!

店長 小俣でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る

This entry was posted in 取付工事の紹介, 吹き抜け・斜め天井 and tagged , , . Bookmark the permalink.

カウント上位記事