04月182018年

千葉県 戸建て 2階分吹き抜け シーリングファンライト 取付工事 事例

こんにちは。
今回はローリングタワーという組立て足場を使用して設置を行った工事事例をご紹介いたします。

 

・床から取り付け位置までの高さ:約5100mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3876mm-3828mm
・吹抜の広さ:約10帖
・取り付けフロア:1階から2階までの吹抜け天井
・ローゼットの形:丸形フル引掛シーリング
・取り付け商品:オーデリック製 6枚羽根 調光調色可能 シーリングファン
・ファンの幅:1200mm
・ファンの全高:1224mm-1272mm
・延長パイプ:900mm
・ファンの重さ:約7.8kg

 

こちらが設置前のお写真。

IMG_0901

広い吹抜けと、大きな窓がとても開放的で素敵なお宅です。


ライトブラウンの窓枠や壁の化粧板もおしゃれですよね。


でも吹き抜けが広い分、少しだけ寂しい感じがします。

 

そして工事開始です。

IMG_0906

4m以上の高い天井の場合は脚立では届かないため、こんな感じで室内用の足場を立てて工事を行います。


ちなみに今回の設置場所は5.1m!

私は上に上がったことはないのですが、見ているだけでも足がすくんでしまいます。

 

そして1時間半ほどであっという間に取付け完了。

IMG_0910 IMG_0924

今回設置したのは、オーデリック製の6枚羽根のシーリングファン。


DCモーターなので、とっても静音なのに真下で風を感じられるほど風量があります。


調光調色も可能でデザインだけでなく機能性もばっちりなので、発売以来ずっと人気のある商品です。

 

IMG_0912
今回はサーキュレーション効果を上げるために90cmのパイプで吊り下げて設置しています。


90cmは長すぎる気が、、、というようなお問い合わせいただくこともあるのですが、写真を見てもわかる通り、この位の高さがあれば下から見たときの圧迫感はまったく感じられません。

 

横から見るとこんな感じ。

IMG_0920

吹き抜けがあまり広くない場合は、腰壁から手を伸ばしたときに届いてしまったり、吹き抜けの内側に開く窓とぶつかってしまう場合があるため注意が必要です。

 

ちなみにこちらは同じデザインの天井直付けタイプで、マンションなど2.5mほどの天井高におすすめです。

オーデリック製 6枚羽根 調光調色可能 天井直付け シーリングファン

 

商品選びや工事のことなど、ご不安なことがあれば何なりとお問い合わせください。
お客様の設置状況に合わせてベストなご提案をさせていただきます!

 

 

スタッフ:斉藤舞

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る

This entry was posted in 取付工事の紹介, 2階分のフル吹き抜け and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

人気記事カウント順

高頻度キーワード

最新記事画像


10月12日


10月05日


10月01日


09月21日