08月022019年

さいたま市岩槻区 戸建て 普通天井 オーデリック製シーリングファン 取付工事 

こんばんは、竹之内です。
関東も梅雨明けが発表され、夏本番。
もうすでに夏バテ状態ですが、栄養をしっかりとって夏を乗り越えていきたいと
思っております。

さて今回は安定の人気を誇る、オーデリック製シーリングファンの設置事例を
ご紹介します。

・床から取り付け位置までの高さ:約4983mm
・傾斜角度:なし
・部屋の広さ:14帖程度
・取り付けフロア:1階リビング
・取り付け商品:オーデリック製シーリングファン【OLC155】
・ファンの幅:1200mm
・ファンの重さ:4.6kg

WF239 + WF731 大風量 傾斜対応 軽量 ODELIC(オーデリック)製シーリングファン

1200mmの6枚羽根が存在感があり、とてもマッチしています。

今回お客様はパイプの長さを悩んでおり、現地にてシミュレーションをおこないました。

通常5.5mの天井高の場合ですと、サーキュレーション効果を考えますと、
当店では90cm延長パイプを推進しておりますが、今回90cmパイプですと、2階廊下からお子様が手を伸ばしますと、羽根に触れる事ができてしまう為とても危険です。

ですので、今回は30cmパイプで設置する事で、お子様が手を伸ばしても羽根に届かなく、安全安心して使用して頂けます。

WF239 + WF731 大風量 傾斜対応 軽量 ODELIC(オーデリック)製シーリングファン WF239 + WF731 大風量 傾斜対応 軽量 ODELIC(オーデリック)製シーリングファン

大風量タイプですので、サーキュレーション効果も問題ないです。


パイプの長さはとても悩まれますし、判断が難しいと思われます。

安全面や圧迫感を考慮し、羽根と床との距離は少なくとも210cm~220cm以上空けることを推奨しています。

パイプの長さについては下記のページでも案内をさせていただいておりますが、天井の高さにより最適な長さが変わってまいります。
2分で分かるシーリングファン取り付け時の5つのポイント


point05_pype02

吹き抜けや高い天井のお部屋では延長パイプ付きの商品を選択した方が空気の循環効率がアップするのでおすすめです。
羽根の位置が天井から60cm以上あると理想的ですが、圧迫感を感じる可能性がある場合は40cmくらいでも問題ございません。

ただ配線器具から壁や吹き抜けの腰壁から近い場合はサーキュレーション以外のことも考慮してパイプの長さをお選び頂いたほうが良い場合もございます。


お部屋の状況により最適なお取付方法は変わりますので、ご不明な点やご相談は、当店までお気楽にお問合せください。

シーリングファンの事ならどんなことでも
お気軽にご相談ください!

電話:0466-47-9490 メール:shop@fazoo.biz fazooLINE@アカウントQRコード

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る

This entry was posted in 取付工事の紹介 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

カウント上位記事